サイトメニュー

注射する前に確認

医者

仕組みや準備を理解しておこう

ボトックス注射が人気ですが、人が注射しているからといって何も知られずに注射するよりも、事前にその仕組みを理解しておく必要があります。この注射の仕組みは、基本的にボツリヌス菌と呼ばれるたんぱく質が含まれていますのでそれを注入することで筋肉の働きを弱めていきます。一般的にボツリヌス菌は食中毒の原因とされるため怖いイメージがあるかもしれません。ですが、医療用に改良してありますので安心です。毒も正しく扱えば薬になりえることを理解しておきましょう。この注射は、1980年代より前では医療用としてあまり使われていませんでした。ですが、1980年代に入ってから本格的に医療に応用するようになります。ただ、この時期に日本にはほとんど入ってきておらずアメリカなどの国々で利用されていただけでした。たくさんの症例があり問題なく使用することができると判断されているため、現在のように日本でも広がりつつあります。ちなみに、日本の法律的な基準はほかの国のものよりも厳しいため、日本の基準を通過すれば安心できるといってよいでしょう。どのあたりに注射をするかが問題になりますが、顔を小さくする場合などによく用いられます。エラが張っている場合筋肉で膨れている可能性が高いです。そこで、筋肉を縮小させるためにボトックス注射を打つようにするわけです。これにより、根本的に顔を小さく見せることができるといえます。このような仕組みを利用するときには、事前に予約をするのが基本になります。もちろん病院の方でもいくつかストックをしてありますが、事前に準備しておくことができれば迅速に対応することが可能になります。

これからボトックス注射をする前に準備をしておきたいことは、まず体調管理になります。風邪をひいたぐらいならばボトックス注射を打つことは難しくありませんが発熱時などは避けなければなりません。特に、季節の変わり目は発熱の症状を訴える人が多くなります。この場合には、病院によって注射しないこともありますので事前にしっかりとした体調管理をしておかなければならないでしょう。次に、お酒を飲むのは禁止されています。前日に飲むのは良いですが、注射を打つその日の朝や昼間などにお酒を飲んでしまうと、血液の流れが速くなってしまうためうまくボトックス注射がなじみません。そうすると、副作用が出る可能性があるだけでなく効果が半減してしまう恐れがあります。注射を打った個所にボツリヌス菌が滞在してくれて、ようやく筋肉の働きを弱めることができるわけです。裏を返せば、ボツリヌス菌が1カ所に滞在してくれずに流れてしまうようなことがあれば、結果的に効果が半減することが理解できます。女性の場合は、妊婦さんやこれから妊娠にしようとしている人はなるべく打たない方がよいです。日本ではまだ前例はないもののかつてアメリカでは妊婦さんにボトックス注射をして流産してしまった事例があります。直接的な因果関係は明確でないにしても、可能性が考えられる以上通常の病院では妊婦さんに対してあるいはこれから妊娠を希望している人に対して注射をしません。妊娠を希望している人も、半年に一度注射するのが普通ですので、完全に妊娠が決まり子供を産んでから注射を希望した方がよいです。

Copyright© 2019 しわやエラを注射器だけで改善出来るおすすめの美容整形 All Rights Reserved.